現役の金融マンがご案内します。 ncpsudan

物価連動国債投信で物価上昇に負けない!

zouzei2

・主な物価連動国債投信

1.MHAM物価連動国債ファンド/みずほ投信投資顧問

2.東京海上・物価連動国債ファンド/東京海上アセットマネジメント投信

3.日本物価連動国債ファンド/大和証券投資信託委託

消費増税に加え物価が上がれば、家計もさらに苦しくなる。そこでリスクを抑え物価上昇に備える手段として検討したいのが、物価連動国債投信の利用だ。

この投信が投資する物価連動国債は、物価の動きに連動して利子だけでなく元本も増減するのが特徴。この先金利が上がらず物価だけが上昇すれば預金の価値は目減りするが、物価連動国債ならこうしたリスクにも対応可能。

現在、個人は物価連動国債を直接買えないが、投信を通じてなら投資できる。

物価連動国債の発行は2008年以降見送られていたが、13年10月に再開。08年以前に発行されたものは物価が下がれば連動して元本も下がる仕組みだが、13年以降発売のものは満期償還時は元本保証となる。

さらに14年度には物価連動国債は発行額増額の見込みでこれらの要素は投信の運用にも有利。また、政府は16年にも個人による購入を認める方針だ。

現役金融マン